AMANの縮毛矯正

          

       調布周辺では当店だけの許可制縮毛矯正剤 
        アクアヴェール使用店                             
      
アクアヴェールサロン会会員店  
     

 


アマンの縮毛矯正の歴史はオープン以来20年、現在もより良いストレートを求めて研究しています。
オープン当初、Mr.ハビットを使っていましたが、どうしてもダメージが強くて二年ほどでやめました。
次に北区王子にある青銅美容室で開発されたストレート剤を導入し、それなりの成果を上げましたが
やはり何度か施術を重ねるとダメージが見えてきました。
悩んでいる所へ私の先輩から「新しいストレート技法の講習会があるけど見にこないか?」
との誘いを受け、さっそく仲間数人と三軒茶屋の先輩のお店で新しいストレート技法を見ました。
これがリペアでした。
当時はアイロンを使わない方法でしたが、
半年後ぐらいにアイロンが導入され、
よりストレート感が増したのは言うまでもありません。
リペアは元々京都のファイテンと言う会社が
開発製造販売をしていた製品ですが、
当時まだまだ知名度の低い製品でした。
当然、関東地区では全く知られていませんでした。
その販売ルート拡大の足がかりとして小規模な講習会を開いたのです。
たまたま講習会に参加して、リペアの優秀さと将来性に着目して
早速導入を決意したのです。当然、京王線沿線では第1号店でした。
その後、技術的な壁や失敗を経験して現在自信を持って
お勧めできるようになりました。他店との違いは経験年数でしょう。
昨今あらゆる美容室でリペアは導入されていますが、
当店ではこのリペアの流行をいち早く察知していたため
導入直後から他店との区別、差別化を図るため別の名前を付けています、
クリスタルストレート、短くしてクリストとしてメニューにしています。
また単に名前を変えているだけでなく試行錯誤の中で新しい方法と
リペアでは使っていない薬液を取り入れる事により従来の
リペアの仕上がりよりワンランク上の仕上がりを提供できます。

また現在ではリペアから卒業し、
より新しいストレート技法、
アクアヴェールに転換しました、
99年はじめからアクアヴェールに着手しましたが、
結果が思わしくなく試行錯誤いたしましたが、現在まったく
新しい技法と薬液で今までどのストレート剤でも
味わえなかった仕上がりを得ることができます。
また,このアクアヴェールは同じ薬液で
パーマもOKです、HPアマンのパーマ、
でも触れていますがパーマの仕上がりも
従来のものとはまったく違います、
おなじ薬液でストレートもパーマもOKということは
ストレートにした髪にパーマがかけられると
いうことです、デザインの可能性がより広がり、
癖毛の方もストレートヘアと同じ視点で
デザインが考えられます


いままで4種類の縮毛矯正剤を使い分けていましたが、
アクアヴェールが全ての面で他の矯正剤をカバー出来るため
現在ではアクアヴェールのみを使用し、より高度な使用レベルを目指しています。

アクアヴェール
これは当店が新しく始めた縮毛矯正兼パーマ剤です。
まったく新しい理論にもとづいた商品です。
水分補給をしながら矯正を掛けます、「水の話」でも述べましたが
当店内で使っている水はすべて波動軟水です。
その波動軟水にオゾンを溶け込ませた水を矯正には使っています。
お尋ねいただければそれらの装置をお見せしたり、味の違いを
体験していただくことも出来ます。他の矯正で痛んだ髪は
専門知識不足か保湿力が失われている場合がほとんどです。
アクアヴェールは水分補給をしながら施術するので髪への
ストレスは最小限にとどめられますし繰り返し矯正をしても
効果は常に変わることがありませんので
カラー毛や別のストレート等で痛んだ髪に非常に有効です。
柔らかい仕上がりでカラー毛等を自然なストレートにします。
また、この商品は全国で百店舗しか使用を許されない限定商品のため
アクアヴェールサロン会会員店のみが使用できる商品です。
当然
調布では当店しか扱っていません。
またアクアヴェールはダメージ毛に対してパーマが思うように
かけられます、パーマもストレートも思いのままです。
、ただし毛髪組織のある髪に対してだけです、
引っ張ってプチプチ切れるようなら毛髪としての組織力が
なくなってしまっているものとお考えください



なお、当店では縮毛矯正のプライスを2万円〜3万円の間に
設定しています。長さ、ダメージ具合、癖の強さ等により
前後しますので詳しくはご来店の上
ご相談ください。