カット2(シャンプー他)

アマンのシャンプーと水

アマンは徹底的に水にこだわりました。
一般的に美容室で使われている水は軟水・パイウォーター・炭酸水など様々ですね。

当店では特殊な波動軟水の造水装置を設置しています。
仮にコンディショナー・リンス等をせず洗い上げ、そのまま乾かしても艶やかさ・手触りがまるでトリートメントをしたような状態になります♪
しかも波動軟水しか使っていませんので、髪や環境にも優しいのは言うまでもありません。

ダメージヘアもサラサラになり、家の水道水との洗いあがりの差に驚くお客様も多いのです。

艶が無いから艶出しを、指通りが悪いからツルツルするものを付ける、コレではモグラタタキです。

アマンの水を味見された方は水道水がこれほど変わってしまうことに一様に驚かれます。
試飲はスタッフまでお申し付けください。いつでもどうぞ♪


波動軟水は髪の汚れを引き離し再び付着するのを妨ぐ力があるとされています。

そのため老廃物や汚れの除去・シャンプーに最適です。

美容道具について

ハサミの語源は「挟む」からきており、挟み切る事によって成り立つ道具です。

美容師が使うカット器具のなかでハサミが一番一般的な道具です。
今、美容師が使っているのは西洋ハサミです。
日本古来の和ハサミもありますが、あれでは仕事になりません。

和ハサミがなぜ髪を切る事に適さないのでしょうか?
それは力点が支点の前にあるからで、力点が支点の前にあると切る力加減の調節が出来ません。
なおかつ、和ハサミの開閉は指の力とバネの力で開閉するためお客様一人をカットするのに途方もなく疲れてしまうでしょう。


美容師が使うカット技術は多様にあり、単に切るだけではなく開閉しながらハサミを移動させる技術も一般的でストロークカットやシャギーカットがそれです。

美容師は常時数丁のハサミを使っていますが切る部位・方法により使い分けています。
また切れ味もそれぞれ違いサクッっと切れるもの、ブツッっと切れるものなど各自の好みで使い分けているのです。

レザーカット

レザーカットは髪が傷むと思っている方、結構いらっしゃいませんか?

確かにミクロマクロのレベルで考えれば傷むでしょう。
なにしろ髪を斜に切りますから…切り口の面積が広くなり枝毛の要因になり得ます。

反対に当然メリットもあり、レザーでしか出せない質感があることと多毛・剛毛に対するカット効果が高いですね。
スタイルのおさまりの良さ・ナチュラルさが挙げられます。

 

美容師が使うレザーはほとんど替え刃式のもので切れ味の安定と研がずにすむ機動性も挙げられますね。
レザーの使い方一つで刃のもちは格段に変わってきます。

余談ですが日本で発達した日本剃刀は肌への当たりが柔らかく女性の肌を剃るのには適しているのですよ。