ケミカルヘナ(人工染料入りヘナ)

ヘナには人工染料(アルカリカラーに含まれているジアミン)が入ったタイプもあるのをご存知でしょうか?
ベースには天然ヘナが使われており天然ヘナと同じ特徴を持ちます。
忙しい現代人に合わせ人工染料を入れることで天然ヘナより放置時間も短く、また一度染めでもかなり濃い茶や黒に染めることが可能です。
天然ヘナと同様、ブリーチ作用はありませんから黒髪を明るくすることは出来ません。
カラーバリエーションはダークブラウン・ブラウンと多くありません。
暗く染めれば染める程、人工染料の含有量が増えるということになります。

 

【注意したいこと】
ヘナの植物アレルギー及び一般のカラー剤のように含有成分のジアミンアレルギーでかぶれることがあります。

染めた直後から真っ黒に染まる場合天然100%ではなく化学染料が混合されたこのケミカルヘナの可能性があります 。
天然100%とケミカルヘナの違いを明確に示さず「ヘナ」としてメニュー化されている場合は注意が必要です。

ヘナ成分と、さらにこれは人工染料入りですから一度染めると明るく染め直すことは困難です。
ただ、これはアルカリカラーの白髪染めや黒染めにも言えることです。
暗く染めた髪を明るくしようとするとき、必ずそれまでの染料が残留しますので注意が必要です。

傷めたくない方、ヘナの良さを体験してみたい方、ヘアマニキュアやアルカリカラー白髪染めの香りを好まない方など一定の需要がございます。