【Q&A】

 

 休憩室でひと休み…お時間のある方はどうぞ。

店内イメージ

 

Q, 濡れた髪は自然乾燥とドライヤーのどちらで乾かすのが良いの?

濡れた髪はフヤケた状態で大変傷みやすくなっています。
ドライヤーで乾かす事により内部に適度な水分を閉じ込め潤いのある髪を維持することが出来ます。ただしカラーやパーマで傷んだ状態では保湿力が弱くなっています。
ドライ前に洗い流さないトリートメント等を使いで水分バランスを保つ事をお忘れなく。


Q,傷んだ髪にトリートメントをしていますがあまり効果がありませんが?

正直に言えば傷んだ髪を治すことは出来ません。
傷みやすい髪にトリートメントをし予防ケアするのが正しい使い方です。
傷んだ髪にトリートメントをすることで多少傷みの進行を抑える程度の効果は期待できます。
例えばサロントリートメントではコートしたり被膜形成をして一時的に改善したような手触りが得られますよね。
特別なケアとしては髪も心も癒されることでしょう。
そして何よりも日々のご自宅での丁寧なケアに加え、傷んだ毛先は適宜調整カットすることも大切です。


Q,一度白髪になると黒髪には戻らないの?

 

白髪は髪に色素が入らなくなることです。
原因は様々言われますがハッキリした引き金は判っていません。
白髪も黒髪と同じく組織としては全く正常です。
白髪と言われていますが本当は透明に近く内部組織が乱反射する事で白く見えるのですね。
また白髪が黒髪に戻る事もあります…当店のご年配の方でも数名の事例がありますよ。
また投薬などで一時的に白くなってしまった場合は特に戻りやすいです。


Q,シャンプージプシーです。お勧めのシャンプーは?

どこの美容室でもシャンプー類は販売していますね。
ただ合う合わないは使用しなければ判らず、勧められて購入したものの自分には合わなかった経験が一度や二度あるかもしれません。
サンプルをもらって使ってみて使い心地が良かったら買うようにしましょう。
また、化粧品と同じで自分の髪と頭皮の現状により求めるものは違ってくるはずです。
そのあたりはお気軽にご相談いただければと思います。その流れでシャンプーを買わされる…ということも有りませんのでご安心ください。

ちなみに当店では弱酸性の天然アミノ酸ベースで11種のハーブエキスで髪や地肌に優しいシャンプーを長年使用しております。
これは当店のポイントカードが溜まれはお選びいただけるプレゼント品としても大人気です。
通常サイズ品をゆっくりとお試しになることが出来ます。『すごく良かったから』と短髪の男性でも気に入ってお買い求めになられたりしますよ。
ポイントカード作成をご希望のお客様はお声がけください。


Q,白髪って抜くと増えるんですか?

 

これほどに浸透している噂があるでしょうか?
抜いた毛穴を観察し続けたと言う資料はありません。
白髪が出始めると1本だけと言う事は無く他にも見つかります。
白髪が目立ち始める年齢は個人差がかなり大きいものです。
ずっと同じ状態という事もなく半年、一年で白髪は少しずつ増えてくるものです。
したがって「またあった」と思い、抜いた事実と結びつけそう感じるのでしょう。


Q,ストパーと縮毛矯正って何が違うの?

ストレートパーマは掛けたパーマを取る場合に使います。
したがって元々直毛だった人が元に戻す時に使います。
縮毛矯正は癖毛をストレートにするもので使い方も髪への作用も全く別です。

縮毛矯正をストパーと表記したり○○ストレート、ボリューム調整○○等様々なメニューを見て混乱するケースも有ることでしょう。
これは各自薬剤メーカーや美容室サイドが目を引く名前を付けてメニューを販売しているんですね。
当店はアクアベールという薬液を使用した縮毛矯正を行っております。


Q,縮毛矯正やパーマを掛けたあと直ぐに洗ってはいけないですよね?

掛けた直後はまだ髪が十分酸化(中和)されていないのでそれを空気酸化によって補う目的で暫く洗わないようにと言われるケースがあります。
例えば矯正やパーマを掛ける前の髪を100とした場合、施術後の状態が100に戻れば傷みはゼロと言う事になりますが80~90程度にしか戻っていないのです。
その20~10ダメージとして残るわけです。 ですが実は空気酸化はそれほど期待できる効果は薄くせいぜい1~2割程度と考えています。
したがって何日洗わなくても100%酸化されることは無く髪の傷みは絶対残るのです。

当店では当日のシャンプーはご自由にとお伝えします。
ただし、しっかりと乾かしてから寝てください。


Q,レザーカットや梳きはさみって髪が傷む?

レザーと梳き鋏は使いようですね。つまり良く切れる刃物を正しい使い方で使えば刃物によって髪を傷めるということはありません。
適材適所、毛質により道具も様々使いこなすことがより良い結果に繋がります。
カット理論も無視してハチャメチャに四方八方梳きまくったりすればとにかく髪型が落ち着かず、見た目にもバサバサで傷んだ仕上がりになると言えます。


Q,パーマやカラーのやりすぎは禿げる?

パーマやカラーが原因で禿げることは絶対にありません。
すでに生えている毛髪が傷むことはもちろんあります。
また技術的ミスにより切れ毛になる事は考えられますが、継続的に発毛を阻害し薄毛の要因になることはありません。


Q,天然パーマの人はストレートの人と何が違うの?

ごく簡単に言うと形状としては断面が違います。
直毛の断面は円形に近い形状をしています。一方で癖毛は断面が扁平になったり一本の毛でもその太さに違いがあったりします。この断面形状によって癖毛の種類が変わってくるのです。
構造的には表面のキューティクル・その下のコルテックス・中心部メジュラで構成されていますが大部分を占めるコルテックスにはフィブリルとマトリックスと言う相反する性質のケラチンがあります。
このケラチンがバランスよく混在していれば直毛になりますが、黄体ホルモンの影響や毛根の形状により歪な断面で生えてくると相反するケラチンが均等に混ざらず偏ってしまいます。
そのため癖毛といわれるように個性ある様々な形状になるのです。


Q,女の人は男よりも髪を長くしている人が多いのはなぜですか?


 

髪は女性ホルモンに支配されていることもあり女性の方が伸ばすのに適しています。
1本の髪を抜くのに必要な力が女性の髪は450ℊ程必要なのに対し男性の髪を1本抜くのに必要な力は350g程度で抜けます。
そもそもが引っ張る力に耐えやすく出来ているのです。
また文化的見地からは古来宗教的意味合いが強く、髪を伸ばすことで悪霊を払う力が宿ると考えられていました。
それが明治維新まで続きましたが男性はその後ザンギリ頭に移行し、やがて戦意高揚には軟弱だと言う理由と坊主頭にすることで頭皮の衛生と気を引き締めると言う精神面の緊張を齎すため短髪が主流になったのです。